FC2ブログ

KenKen B-log

ケンケン@繭霞の中の人(ケンケンのケンケンによるケンケンの為の、適当日記)

「FUCK2] - 883ツーリング① -

Posted by ケンケン@繭霞の中の人 on   0 comments   0 trackback


以前ありましたね…似たような画像と同じようなタイトル
とりあえず、「2」としておきますねw


一日遅れだけども、書いとく!

あくまでも昨日の気分で!



色々と嫌な事もあったけど、今日こそツーリング!

愛馬のクセとか知りたいじゃない?w

行先は…

サン・ビレッジ曽爾(奈良県の「そに村」ってとこね)
http://www.soni-kogen.com/sun.html

初のツーリングと言う事で、コテージでの宿泊を選択。

タンデム宿泊用の積載量は現状厳しい!!&スキル的にまだ未熟なのだ!

朝から温泉セットをリュックに詰めてイザ出発!!

気持ちイイ陽ざしに心が躍るが、アクセルは控えめ。

ハーレーオーナーさん達の日記を見ていると、ゆっくりドカドカ響かせながら旅をするのを見るが、全く俺にも当てはまる。

鼓動が気持ちイイのだ。
早くなくてもいいし、コーナーを攻めたいとも思わない。

遅くて四輪に迷惑掛けそうなら、「どうぞ抜いて下さい」と左ウインカーつけて路肩寄りに走るのも当たり前!

また、田舎町なので余計にスローペースで景色を見てしまう。

トンネルでは車で味わえないほどの気温差を感じ、女帝共々震えながら出口を目指し、その先には温かい日差しを感じさせてくれる。

すごく気持ちが良いのだ!

途中、道に迷いながら進むのも、ナビになれた現状では楽しい。

昼過ぎに目的地に到着し、早々に施設の説明を受けチェックインとなる。

日曜日と言う事もあり、テントサイトではBBQの親子連れが賑わい、その奥のコテージに883を進める。

外観は思っていたより綺麗なログハウス!アスファルトで舗装された路面は嬉しいけど、自然の中では少し寂しい!!

エンジンを切り女帝に降りてもらう…

「いたーーーーーーーーい!」

は?

何が起こった???

停車してエンジンも切った状況で、何が起こったか…全然わからない!!

みると、右手から血が垂れている!

なにが??

「指を挟んだ!!!」

え?全くもって、意味が分からない!

BMの時も似たような事はあった…でも、あの時はドアがあった…でもバイクよ?ドアないよ?
むしろ、エンジンも止まってる!

んじゃ、何よ?

本人も、未だに何処で挟んだのか分からないらしい…
しいて言えば、バックレストの金具と自分の足…?らしい・・・

そういえば、降り方がスマートじゃない!なんて言うの?右足を持ち上げて、後は体任せに飛び降りるって感じ。

症状はと言うと、女帝曰く…
「深く切れている!白いの見えたーーーー!!!骨かも知れない!!」

焦る俺!
「病院行くか!」

慌ててエンジンを掛け、土地勘がない事から、先ほど受付をした管理練に戻り病院の位置を訪ねる。

間の悪い事に、ここは田舎で、都会の市立病院まで行くしかないとの事!

とりあえず、電話をして頂き元来た道をひたすら走る!

変にテクニカルな道だが、さっきまでののんびり運転ではなく、マヂ走り!!
俺的にちょっと感心したのが、883は高回転まで回して乗るバイクとの話は聞いていたが、ここで実感することが出来たw

30分程かけて、市民病院まで行き診察!
泌尿器科の先生しかいないとの事で、なぜか外傷を泌尿器科の先生に診てもらう女帝!

もはや、傷口はアナ~ルとか言った所か…

処置室の前で待つ俺の耳に入るのは「痛ーーーーい!」とか言ってる、おばちゃ…いや、女帝の声w

出て来てみると、消毒され包帯だけした女帝の姿!!

どないやねん!!!

ねぇ?骨は??もちろん縫うくらいの怪我なんだろうな!と突っ込むが、無事なことの方が嬉しい。

都会に戻ったついでに食料品を買い込むが、入れるリュックはコテージに放置…

肉と酒だけ買って帰り、まずは管理練のお世話になったおっちゃんへ挨拶!
あれだけ大騒ぎした怪我の状況がチンケなもので恐縮だが、無事を報告。

「まぁ、無事で何より」と慰めの言葉をくれるが、未だに誰も怪我をした原因は分からない。

多分、俺を含めて、その場の皆の頭の中には「???」しかなかっただろう。

その後は、ウッドデッキで酒と肉しかないBBQを行う。
星も見たかったが、あいにくの曇り…

明日こそ良い日であれば良いな~なんて考えながら窓の向こうの883を見る。

宜しくね、愛馬!!

とか言いながら、本日の話に繋がってしまうのだが・・・次の日記に…


関連記事
スポンサーサイト



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://55kenken.blog.fc2.com/tb.php/21-df2a3cc0