FC2ブログ

KenKen B-log

ケンケン@繭霞の中の人(ケンケンのケンケンによるケンケンの為の、適当日記)

36才 普通自動二輪に挑む11

Posted by ケンケン@繭霞の中の人 on   0 comments   0 trackback

■卒業検定

今日は何時もより早く目が覚めた。
自分自身が卒検に望むに当たり、緊張しているのがわかる。

平常心でありたいと思い、日常と同じくコーヒーを飲み出発!
少し早めに到着し、事務所に行くと受験番号が張り出されていた。
また、コースを歩き下見を行っておく旨も書かれていた。

コース全体を見渡せる坂道の上に立ち深呼吸。
今更コースの下見した所で、変にあれこれと考えて緊張するだけなので、早々にベンチで休憩!

やるべき事は全てやってきた。
いつも通りの運転さえ出来れば必ず通るはず!
その為には、いつも通りで良いのだ。

深呼吸をし、ぼんやりと空を見つめ目線を下にそらす・・・
コース上には、この日の卒検希望者が歩いている。
視界に入れない様に、なるべく周囲の木々や電車・猫なんかを見ていた。

放送が入り、試験の説明を30分程受けた

本日の受験者は、大型/普通/小型をあわせて12名
概ね半分ずつをグループとし、私は受験番号7~12のBグループ
シミュレーターの教員が仰っていた通り、グループの1番走者がクジを引きコースを決定
Bグループは第二検定コース

間もなく1番/7番さんから順に検定開始!
皆が、検定状況をコース横のベンチ/教習室から見ていた。

私はもちろん、見ない!
近所の電車や公園を見てボーッとする。
たまに見ても走者のゼッケンから順番を確認するだけ。
変に見たりして、走者に緊張を味わって欲しくも無いのだ。
皆、卒検に来れたのだから普通に走れば合格出来るはずだしね。

他の受験者には、私は変な奴に見えて居ただろう。
それほど、皆が他人の受験を熱く見守っていた。

私の前の受験者がいよいよ試験終盤に差し掛かった頃に、準備開始。
ゼッケンを付け、ヘルメット・軍手をはめる。

前の走者が「すげー緊張するわ~」ってハニカミながらバイクを降り帰ってきた。
すれ違い様に、「お疲れさま!」って声を掛けた。

バイクの側に立ち、自分の状況を判断する。
大丈夫!何の緊張も感じない。
「よし!今日は何時もより丁寧な運転をしよう!卒検も所詮は免許取得の通過点に過ぎないし」
心に言い聞かせ、試験管に合図~試験開始!
安全確認を十分に行い、コースに出る。
全く緊張する事無く、コースを順々にクリアする。
道順もシミュレータの教官のお陰、前日の個人練習で問題無し。
無線機から何の連絡も無く、終了!

安全確認をし、バイクを降りヘルメットを脱ぐ。
無線機から声が・・・
「すごく丁寧な走りでした。丁寧すぎて試験クリアを目的とした走りに見えました。」
はい!仰る通りです!
この段階で合格とは言ってはいないので、見透かされた結果落とされるかも知れないな~って考えてた。

全員の試験が終わり、教室に移動!
12名居た受講者席が所々、抜けていた・・・
合格者を発表します!
順に番号を読み上げられた。
どうやら、この教室に戻ってきているのは全員合格者の用だった。
4名の方が教室に戻ってきていない所をみると、走行後の無線にて不合格の旨を伝えられていたのだと思われる。

その後、試験場に持っていく書類作成や安全に運転する事の説明~去年の卒業者データ統計等も見せて頂いた。
一通りの話を聞き終わり、希望者に体験乗車の話が出された。
今回合格したワンランク上のバイクに10分程乗せてくれるというのだ。

もち、挙手!二度と乗れないかも知れないので、速攻挙手!
バイクはゼファー750。外周を3週程走らせて頂いた。
凄いね大型!安定感が全然違う!
関心を抱きながらも、今は取得予定は無い。

教室に戻り、卒業証書を頂き終了!
個人練習の際にコースを走らせてくれた年配の教官に出会う。
「お!やったじゃないか!」
凄く喜んでくれた!
「有り難う御座いました!」
その他お世話になった教官は、既に急がしそうに掛け走る。
遠目で会釈をし、気持ちを伝えると微笑んでくれた。
事務室に立ち寄り、事務員の方にも挨拶をし、教習所を後にした。

今まで有り難う御座いました!
厳しいと言われている私が通った教習所は

阪神ライディングスクール
http://www.hanshin-rs.com/

16才の時に通っていた教習所よりは確かに厳しかった気もするが、それ以上に丁寧で的確な指示をくれていたと思う。

36才・・・今更ですが、明日には、へっぽこライダー誕生です。
「・・・これだから二輪乗りは・・・」なんて言われないライダーを目指します。

これを読んだ同年輩の方?どうかな?
今は30代の教習生多いですよ!大型取得コースの女性も多いです!
60才位の定年退職夫妻も普通二輪科に入校し、日々がんばっておられます。
これからのシーズン!ツーリングなんていかがですか?

また、新しい何かを取得する為の励みになれば幸いです。

閲覧頂き、有り難う御座いました。





で・・・倒れたバイクはどうやって起こすんだ?習ってないぞ~w

関連記事
スポンサーサイト



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://55kenken.blog.fc2.com/tb.php/47-07b062d7